よくある質問
Q1. ピアノがなくても習うことはできますか?
A1. 家にピアノがないという理由で最初からお断りすることはありません。まずは習い始めてみて、家にピアノが無いと今後のレッスンに支障が出るとこちらが判断した時点で保護者様には一度ご相談させていただきます。現在習っている生徒さんの中には、家にピアノが無いながらもレッスンでの練習をしっかり頑張り、発表会に出演した生徒さんもいらっしゃいます。また、練習室としてグランドピアノの貸出も行っております。
 
Q2. レッスン中は親が付き添っていなければいけませんか?
A2. 付き添いの必要はありません。幼児さんでは、送り迎えのみの保護者様と、付き添っている保護者様が半々くらいです。赤ちゃんを連れてきているお母様もいらっしゃいます。小学生以上は1人で通っている子も多いです。親子や兄弟で続けて習う場合は、行きと帰りは一緒に来て、レッスンは1人ずつ受けていただくということも可能です。何か心配な点がありましたらご相談ください。
 
Q3. 以前使っていた楽譜をそのまま使うことはできますか?
A3. ご家族の方が昔使っていた楽譜や小さい頃使っていた楽譜、以前の教室で使っていた楽譜などがありましたら、ぜひお持ちください。レベルに合うものが見つかればそのまま活用させていただきます。
 
Q4. ピアノ以外を習うことはできますか?
A4. 教育系の大学や専門学校で音楽の授業を受けている方や、保育士の国家試験を目指している方、ヴァイオリンなど他の楽器を習っていて理論や聴音を学びたい方など、ご要望にあわせて、より専門的な楽典・ソルフェージュなどの指導も行っております。ピアノと合わせての受講も可能です。
 
Q5. 短期集中レッスンは可能ですか?
A5. 学校の合唱コンクールの伴奏を頼まれた、結婚式でピアノを演奏することになった、保育士試験の課題曲をレッスンしてほしい、ピアノサークルの発表会で弾く曲だけをレッスンしてほしいなど、「期間限定」「指定の曲だけ」のレッスンも可能です。
 
Q6. 男性ですが習うことはできますか?
A6. もちろん大丈夫です。初心者の方から音大を目指していた方まで、また学生から70歳以上の方まで、幅広く習われています。毎年任意で発表会にも参加していただいています。
 
Q7. 音大を目指していますが、専門的なレッスンはできますか?
A7. 音大受験生の指導経験・音大(主科ピアノ、副科ピアノ)合格実績のある講師がいます。ピアノ主専攻で音大を目指している方は既にピアノの先生についていると思いますが、中学や高校の部活動などで楽器に目覚め、ピアノ以外の楽器で音大受験を考えている方の中には、ピアノ初心者の方もいると思います。そのような方に、副科のピアノ実技と楽典・聴音など、計90分~120分ほどのレッスンを行っています。レッスン時間が長くなるため、料金は別枠となります。まずはご相談ください。